文字サイズ

投資信託用語集

投資信託に関する用語を解説します。

  • 投資信託には、元本割れとなるリスクや手数料などのコストがあります。こちらを必ずお読み下さい。

用語集(見出し)

ア行

運用会社
(うんようがいしゃ)
主にファンドの設定や運用を行う会社のことで、投資信託委託会社といいます。受託会社(受託銀行)に対して運用の指図を行います。投資信託説明書(交付目論見書)を作成するほか、運用結果について運用報告書等を作成します。
運用報告書
(うんようほうこくしょ)
ファンドの運用実績、運用状況、運用方針等を決算期毎に作成し、お知らせする書面です。決算日に運用会社が作成し、販売会社を通じてお客さまへお渡しします。

カ行

為替ヘッジ
(かわせへっじ)
為替レートの影響で基準価額が大きく動くのを回避すること
元本払戻金(特別分配金)
(がんぽんはらいもどしきん(とくべつぶんぱいきん))
追加型投資信託において、収益分配金が支払われた際、分配落ち後の基準価額がお客さまの個別元本を下回った場合、その部分が元本払戻金(特別分配金)となり、非課税となります。
基準価額
(きじゅんかがく)
基準価額は投資信託の時価を表すもので、組み入れ有価証券等の値動きにより日々変動します。ファンドの純資産総額をその時の受益権の口数で除して求めることができ、単位口数当りの価額を表します。
個別元本
(こべつがんぽん)
お客さまが保有されているファンドの税法上の元本で、収益分配時や、解約・償還時の税額計算の基礎となる価額です。

サ行

      
収益分配金
(しゅうえきぶんぱいきん)
ファンドの決算期に運用等から得た収益等を、収益分配方針に基づいてお客さま(受益者)に支払うものです。収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」があります。
受託会社
(じゅたくがいしゃ)
お客さまのご資産(信託財産)を安全に保管・管理する役割を担います。また運用会社の指示通りに有価証券の売買事務を執行します。
純資産総額
(じゅんしさんそうがく)
投資信託に組み入れられている有価証券等(株式や債券等)の金融商品の時価総額からコスト等を差し引いたものです。
信託財産留保額
(しんたくざいさんりゅうほがく)
ファンドの解約によって生じる組み入れ有価証券等の売却費用について投資家の公平性を図るため、投資家から徴収され、信託財産内に留保される費用のことです。ファンドによってかかるものがあります。
信託報酬
(しんたくほうしゅう)
投資信託の運用・管理にかかる費用で、信託財産の中から投資信託委託会社・信託(受託)銀行・販売会社(当行)へ間接的に支払われます。

タ行

単位型投資信託
(たんいがたとうししんたく)
追加設定を行わず、ファンド運用期間直前の募集期間のみご購入いただける投資信託です。
追加型投資信託
(ついかがたとうししんたく)
一般的にいつでもご購入・ご換金いただける投資信託です。
投資信託説明書(交付目論見書)
(とうししんたくせつめいしょ(こうふもくろみしょ))
金融商品取引法に基づき、ファンドごとに運用会社によって作成される説明書です。運用方針、運用にかかるリスク、費用、税金、募集要項などの重要な事項が記載されています。投資信託の販売に際し、お客さまにあらかじめ、または、同時に投資信託説明書(交付目論見書)をお渡しいたしておりますので、お受け取りになりましたら内容をよくお読みください。
投資信託総合取引約款・規定集
(とうししんたくそうごうとりひきやっかん・きていしゅう)
京葉銀行とお客さまとの間での投資信託の取引に関する約束事を定めた約款になります。投資信託をお取引する際には、必ずご確認ください。
投資者保護基金
(とうししゃほごききん)
証券会社の破綻等、万が一の事故により支障がでた場合、お客さま一人当たり最大1,000万円を限度として支払いを補償する仕組みのこと。したがって、当行で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
騰落率
(とうらくりつ)
一定期間における基準価格の上昇(下落)率を示したもので、年率ではありません。騰落率により過去の運用成績等を把握することが可能です。
特定口座
(とくていこうざ)
販売会社が譲渡損益等を計算し、お客さまに代わって、「年間取引報告書」を作成する制度です。「年間取引報告書」を申込書に添付することで容易に確定申告を行うことができます。

ハ行

普通分配金
(ふつうぶんぱいきん)
追加型投資信託において、収益分配金が支払われた際、分配落ち後の基準価額が個別元本と同額、または上回る場合には全額が普通分配金となり、課税扱いとなります。
分配金再投資コース
(ぶんぱいきんさいとうし)
ファンドが収益分配を行う都度、その課税処理後の収益分配金を同一ファンドに再投資する仕組みをいいます。
分配金受取コース
(ぶんぱいきんうけとり)
ファンドが収益分配を行う都度、収益分配金を受け取る仕組みをいいます。
ベンチマーク
(べんちまーく)
投資信託の運用の指標となる指数。そのファンドがその指標と比較してどのような運用成績を残しているかを評価する基準となります。また、ファンドの投資対象や資産配分比率を決める際の運用の目安としても使われます。通常はTOPIXや、MSCI等の代表的な指数を使います。

マ行

申込手数料
(もうしこみてすうりょう)
購入時の手数料です。ファンドによって手数料が異なります。お客さまにお支払いいただいた金額の中から申込手数料(税込)をいただきますので、お支払いいただいた金額全額が購入金額となるものではありません。

投資信託のご購入に際してのご注意

* 投資信託は預金ではありません。また、京葉銀行が元本を保証するものではありません。

* 投資信託は預金保険の対象ではありません。また、京葉銀行でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。

* 投資信託の運用による損益はお客さまに帰属します。

* 投資信託は価格が変動する有価証券等に投資するため、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。また、分配金は預金の利息とは異なり、増減したり、支払われないことがあります。

* 有価証券投資に伴う主なリスクには、金利変動リスク、為替変動リスク、株価変動リスク、 信用リスク、カントリーリスク、不動産価格変動リスクなどがあります。

* 投資信託に関する費用等は次の通りとなります。
<申込手数料>お申込金額に対し、最高3.24%(税込み)
<信託報酬>純資産総額に対し、最高年率2.052%(税込み)
<信託財産留保額>ご換金時の基準価額に対し、最高0.5%
その他監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、外貨建資産の保管費用、信託事務の諸費用等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該費用については、運用状況等により 変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。上記手数料等の合計額については、お客さまが投資信託を保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

* 投資信託の換金には日数がかかります。さらに、投資信託によっては、換金日に制限があるものがあります。

* 京葉銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は投資信託会社が行います。

* 投資信託は金融商品取引法第37条の6の規定に基づく書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。

* 本資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託のお申し込みに際しては必ず最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をご覧いただき、商品の内容およびリスクの所在を十分にご確認のうえ、お客さま自身のご判断でお願いします。

* 最新の投資信託説明書(交付目論見書)は京葉銀行の本支店の資産運用窓口にご用意しています。 なお、インターネット専用投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)は、店頭にございませんので、当行のホームページ上でご閲覧下さい。

* 当行で取り扱う投資信託の分配金と売買益は、復興特別所得税を付加した20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金が差し引かれます。(NISA口座の枠内購入分は除く)

株式会社京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号

加入協会 日本証券業協会

投資信託商品についてのお問い合わせは
京葉銀行の窓口またはフリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル(R) 0120-858-201

受付時間 9:00〜17:00 (祝日および12月31日〜1月3日は除きます)

  • インターネットバンキング ログオン
  • サービスのご案内
  • アルファダイレクトバンキング お申し込み
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 京葉銀行スマートフォン専用アプリ
  • 京葉銀行 スマートフォンサイト
  • 京葉銀行 モバイルサイトはこちら
  • ファイナンシャルプランニングシミュレーション

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会