文字サイズ

法人のお客さまへ

法人のお客さまが、業務にご活用いただいているインターネットバンキングや、外為ウェブサービス、でんさいサービスですが、近年では、これらのIDやパスワードを盗み出し不正に送金する犯罪も発生しております。

犯罪の手口について

電子メールでウィルスやスパイウェアを送りつける
お客さまのパソコンをウィルスやスパイウェアに感染させ、インターネット・バンキングヘのログイン時に、金融機関を装ったポップアップ画面を表示したり、一見本物に見える精巧な模倣画面を表示して、乱数表や合言葉などをすべて入力させ、これらの情報を盗み取ります。

当行職員を名乗るものがIDとパスワードを聞いてきた。
当行職員、またはNPO法人、警察などをなのるものから電話でIDとパスワードを聞き出し、不正に出金を行う。

当行職員がIDやパスワードをうかがうことは絶対にありません。業務中の不審な電子メールには十分ご注意ください。
またインターネットバンキングでは、パスワードだけをご入力いただくようなポップアップは表示されません。

お客さまが被害に遭われないために

ポップアップ画面出現!怪しいと思ってください。

IDやパスワードだけをご入力いただくポップアップ画面は存在しません。PhishWallプレミアムをご利用いただければ、これらのポップアップをブロックすることができます。当行HPより無料でご利用いただけますので是非ご利用ください。

また日頃よりウイル当行推奨のセキュリティ対策ツール『SaAT Netizen(サートネチズン)』をご利用くださいスへの対策も十分に対策をとっていただきますようお願いいたします。

不審な電話や訪問者にご注意ください。

当行職員を含め、警察、弁護士などがIDやパスワードをうかがうことは絶対にございません。

席を外す際もパソコンの電源はできるだけ切りましょう。

ウイルスや不正なソフトを知らずにインストールしてしまい、犯人が遠隔操作をするのを防ぐため、終業後はもちろん、お昼休みなどで席を外す際も、電源を切っておけば、不在の間に勝手にインターネットバンキングを操作されてしまうなどの被害を防ぐことができます。

その他の事例

お困りのお客さま

金融犯罪の被害に遭われた可能性があるお客さま

まずは下記のご連絡先より、各窓口へお電話ください。

ご連絡先はこちら

通帳・カード・印鑑を紛失されたお客さま

すぐにご連絡ください。
お客さまの口座から預金が引き落とされたり、通帳やカードが不正に利用される可能性があります。
京葉銀行では365日24時間受付けております。

ご連絡先はこちら

くわしくは京葉銀行の窓口またはダイレクトサービスセンターまでお気軽にお問い合わせください。

京葉銀行ダイレクトサービスセンター フリーダイヤル 0120-8789-56(自動音声に従って9#→2#)携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

受付時間 9:00~21:00 (祝日および12月31日~1月3日は除きます)

  • インターネットバンキング ログオン
  • サービスのご案内
  • アルファダイレクトバンキング お申し込み
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 京葉銀行スマートフォン専用アプリ
  • 京葉銀行 スマートフォンサイト
  • 京葉銀行 モバイルサイトはこちら
  • ファイナンシャルプランニングシミュレーション