文字サイズ

その他のお知らせ

2017/04/17

京葉銀行と千葉大学が協力して“みらいをつくる”産学連携情報誌「Mira-Kuru」Vol.6を発行しました 

~今回のテーマは“健康”~

 株式会社京葉銀行(頭取 熊谷俊行)は、平成29年4月14日(金)、国立大学法人千葉大学との産学連携情報誌「Mira-Kuru」第6号を発刊いたしました。
 本誌は、千葉大学の研究者や学生が取り組むさまざまな研究を、“農業”“環境”“健康”“福祉”“科学”という5つのテーマに分けて、わかりやすくご紹介しています。

【発刊の目的】
 本誌の発刊を通じて、千葉大学と当行取引先との共同研究に繋がる案件の発掘やビジネスマッチングを創造し、産学連携の橋渡し役として貢献することを目的としています。

 ※当行の全支店にて配布しており、ご自由にお持ちいただけます。
 ホームページはこちら 

 【本誌の概要】
 少子高齢化が進むなか、晩婚化や不妊治療の進歩により、35歳以上で初出産する女性が全体の1割を超えています。
 産後回復の遅れや合併症のリスク、初めての子育てに対する不安や戸惑いなど、産婦さんは多くの悩みや問題を抱えています。

 本誌では、出産・育児という経験を“楽しむ”ために何をすればよいのか、という産婦さんの疑問に答えるとともに、調査研究活動を通じて、“みんなで子育て支援が できる社会”を築くための取り組みをわかりやすくご紹介します。
      

 京葉銀行はこれからも、地域の皆さまへのさまざまな付加価値の提供、地域経済の発展と活性化に積極的に取り組んでまいります。