文字サイズ

新商品&サービス

2017/03/27

「個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プラン」および当行初の「企業型確定拠出年金プラン」の取り扱いを開始

~お客さまの資産形成をお手伝い~

 株式会社京葉銀行(頭取 熊谷俊行)は、平成29年4月3日(月)より、「個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)の新プラン」と「企業型確定拠出年金のプラン」を、三井住友海上火災保険株式会社と共同で運営し、取り扱いを開始します。

【背景】
 今回、確定拠出年金法の改正に伴って平成29年1月から、公務員や主婦(主夫)の方も含め、原則として全ての60歳未満の現役世代の方々がiDeCoの加入対象となりました。

【目的】
○公的年金に上乗せし給付する私的年金の一つとして、老後の生活資金を長期に積み立てたいというお客さまの資産形成をサポートするため、iDeCoの新プランを導入し、ラインアップを増やして取り扱いを開始します。
従業員の老後の資産形成や退職金制度の充実など、企業の福利厚生に関する課題解決ニーズにお応えするため、今回、当行では初めて企業型確定拠出年金のプランの取り扱いを開始します。

 なお、確定拠出年金については、運用益などが非課税となる税制上のメリットもあります。運用期間や引き出しの条件が異なるNISAなどとともに、お客さまの目的に合わせ、資産形成の手段を幅広くご提案いたします。
※現在、当行で提供している個人型のプランは平成29年4月3日以降、新規受け付けを停止します。なお、すでにご加入のお客さまについては、継続してご利用いただけます。

【お申込手続きの簡略化】
 当行のホームページから、資料・申込書をご請求いただけます。請求の際に入力いただくお名前などの情報を申込書類にあらかじめ印字しお手元にお届けいたしますので、申込書記入のご負担を大幅に軽減いたします。

資料請求の予約はこちら
 

【概要】
 1.商品ラインアップ(iDeCo、企業型確定拠出年金共通)
  ・インデックス型投資信託を中心に厳選した長期積立て投資に適した16本の商品をご用意しました。
   11.png


  2.主な手数料(iDeCo)
   13.png
  ※1 加入者の管理手数料は毎月の掛金より控除します。
  ※2 運用指図者とは、確定拠出年金へ加入しているが、拠出を停止している方。
  ※3 運用指図者の管理手数料(1~12月の該当月分)は、翌年の3月末に資産残高より控除します。

  12.png


3.ご相談の受付(iDeCo)
 ・お客さまサービス向上の一環として、利用時間を拡大した専用フリーダイヤルをご用意します。(平成29年4月3日より受付開始)
  14.png
 ・専用WEBサイトの開設(平成29年4月3日より閲覧開始)
  資料請求や運用診断や各種シミュレーションなど充実したサービスを提供する専用WEBサイトをご用意します。

 

 京葉銀行はこれからも、お客さまのニーズにお応えする商品・サービスの充実に努めてまいります。

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会