確定拠出年金

給付金の受け取り方法
原則60歳から受取可能で、70歳までには受け取りを開始しなければなりません。
受取金額は、個人の運用成果によって異なります。
給付金の受け取り方
給付金には3つの種類があります。
給付金には「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」の3種類があります。
原則は年金方式での受け取りとなりますが、受取方法を選択することもでき、一時金方式として、一度に全額を受け取ることもできます。また、規約に規定があれば、年金方式と一時金方式を併用した方式で受け取ることも可能です。
給付金 支給の要件 受取人 受取方法
老齢給付金 60歳到達時までの加入期間に応じて定められた受給開始年齢に到達した場合 本人 年金または一時金
(年金の場合、5年以上20年以内)
障害給付金 高度障害になった場合 本人 年金または一時金
(年金の場合、5年以上20年以内)
死亡一時金 加入者が死亡した場合 遺族 一時金
老齢給付金の受取開始年齢
老齢給付金は受取開始時期が選べます。
老齢給付金は原則60歳から受取可能となりますが、加入期間に応じて受け取りを開始できる年齢が異なります。障害給付金は高度障害になった場合に支払われます。また、受け取り前に加入者が死亡した場合は、一時金が支払われる仕組みになっています。