文字サイズ

金利方式のご選択・組み合わせプラン

住宅ローンの金利タイプには、大きく「変動金利型」「固定金利指定型(一定期間の固定金利)」「固定金利型」の3つがあります。

変動金利型

年2回、金利が見直されるタイプ。見直し時期に金利が変動すると、その都度新しい金利が適用されます。ただし、金利が変わっても「返済額は5年間変わらない」というルールがあるため、返済額は変わらなくても、利息と元金の割合が変わります。

  • 金利が上がらなければ利息は毎回減っていき、返済額に占める利息の割合は小さくなります。
  • 金利が上がった場合は利息が増えてしまい、返済額に占める利息の割合が増えます。つまり、元金の返済に充当される額が減ってしまいます。

さらに、金利が大きく上がると利息額が返済額を上回り、元金の返済に充当される額が無くなり、さらに支払うべき利息が発生します。発生した利息分は、未払い利息として後で繰り延べ返済する必要があります。

※ 返済額は変わらなくても、利息と元金の割合は変わります。

※ 返済額が変わらない為、金利の変化に気が付きにくいという点に注意が必要です。

125%ルール

5年経過して返済額を再計算する際に、「新返済額は元の返済額の1.25倍まで」というルールもあります。ただ、返済額に上限はあっても、利息額には上限がありません。支払うべき利息が新返済額を超え、未払い利息が発生する可能性があります。

返済額は変わらなくても、利息と元金の割合は変わります。

※ 金利が上がると・・・利息の割合が増え、元金の返済に充当される額は減ります。

※ 金利が大きく上がると・・・利息額が返済額を上回り、元金の返済に充当される額が無くなります。さらに、未払い利息が発生する可能性もあります。

ポイント

  • 金利は年2回の見直しがあります。
  • 金利に変動があっても、「返済額は5年間変わらない」(5年ルール)仕組みです。
  • 5年に1回の返済額見直し時、「新返済額は元の返済額の1.25倍まで」(125%ルール)です。

固定金利指定型

  • 一定期間の金利が固定されているタイプ。期間に応じて金利が設定されているため、金利動向を見ながら金利のタイプを選ぶことが可能です。
  • 固定金利指定期間が長いほど、金利は高く設定される傾向にあります。
  • 固定金利指定期間が終わると、その時の金利が適用になり、返済額は再計算されます。
  • 変動金利型のように新返済額に上限を設けるというルールはありません。
  • 固定金利期間の終了前に、終了後の金利タイプを選ぶことができます。

ポイント

  • 一定期間、金利が固定されます。
  • それぞれの期間ごとに金利が設定されています。

固定金利型

  • 完済までの金利が契約時点で決まっているタイプです。金利が確定しているため、途中で返済額が変わるリスクがありません。
  • 一般的に低金利時には、変動金利型や固定金利指定型に比べて金利が高めです。

ポイント

  • 金利はローンの契約時点で決まります。
  • 返済額がアップするリスクがありません。
  • インターネットバンキング ログオン
  • サービスのご案内
  • アルファダイレクトバンキング お申し込み
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 京葉銀行スマートフォン専用アプリ
  • 京葉銀行 スマートフォンサイト
  • 京葉銀行 モバイルサイトはこちら
  • ファイナンシャルプランニングシミュレーション

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会