文字サイズ

千葉みなとショーウィンドーギャラリー

京葉銀行では、芸術文化を発信する場として、
千葉みなと本部(千葉市中央区千葉港)のショーウィンドーにギャラリーを設置しています。

千葉みなとショーウィンドーギャラリー

平成27年度より、「日本の伝統」というテーマで、私たちの暮らしの中にみられる伝統的な良きものを様々な角度から見つめ直して、毎回ご紹介していきます。

平成29年7月~9月

ものづくり×伝わる場所

京葉銀行ショーウィンドーギャラリーでは、「日本の伝統」をテーマに、私たちの暮らしを彩る伝統的な“もの”をご紹介しています。「日本のものづくり/伝わる場所」として、日本各地で伝承される工芸品がどのように育まれ、“ものづくり”として紡がれてきたのか、 工芸品のもつ技と美を季節とともに表現いたします。
今回のテーマは「夏を感じる」。夏の暑さを乗り切るため、過ごしやすさを工夫し、涼しさを味わう、すずみとも読む納涼(のうりょう)は、私たち日本人独自のものといえます。その知恵と工夫は、趣き深い夏の風情を作りだします。涼風をおくる団扇や、素足で履く下駄、涼感を得られる色のガラス、夜空を彩る花火と伝承されてきた技を感じさせてくれます。日本ならではの夏の風情を感じて、楽しんでいただければ幸いです。

  • 詳しくはこちら
京葉銀行:02_title.jpg

ショーウィンドーギャラリー アーカイブス

過去のショーウィンドーギャラリーの展示内容がこちらからご覧いただけます。

日本の伝統(平成27年4月〜)

 1〜3月4〜6月7〜9月10〜12月
平成29年 「あたたかな冬」 「春を感じる」
平成28年 「冬言葉/冬色」 「楽しい春」 「涼しむ夏」 「美味しい秋」
平成27年 「春言葉/春色」 「夏言葉/夏色」  「秋言葉/秋色」 

 

  • IR情報に関するお問い合わせ

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会