文字サイズ

頭取ごあいさつ

取締役頭取 熊谷俊行

  平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

  日本経済は、緩やかな回復基調が継続している一方、長期的には人口減少や少子高齢化といった構造的な変化が一段と進展しており、地域金融機関には、金融仲介機能を発揮し、地域経済の活性化にさらに関与していくことが求められております。

  このような環境下、当行は、2018年4月より3年間を計画期間とする第18次中期経営計画「α ACTION PLAN 2021」をスタートさせました。計画の基本方針に『お客さま・従業員の満足度No.1の銀行』を掲げ、以下の4つの基本戦略に取り組むことで、当行は「さらなる飛躍」を実現してまいります。

  • ■お客さまに寄り添った営業の実践

  経営者との対話による事業性評価を通じ、融資や本業支援への取組みを強化すべく、本部内に「法人営業部」を新設し、経営課題の解決に向け、より最適なソリューションをご提供できる体制を整えました。また、顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を一層徹底し、資産形成や相続のサポートを行うべく「個人営業部」を新設しました。これからも付加価値の高い商品の充実に努めるとともに、お客さまに寄り添った営業を実践してまいります。

  • ■オムニチャネルの構築

  お客さまが、いつでも、どこでも、便利で安心、快適なサービスをご利用いただけるよう、非対面チャネルは、ICTを積極的に活用したサービスを充実させていくほか、フィンテック分野への取組みも強化してまいります。また、対面チャネルにおいては、「次世代型店舗」を順次展開しており、お客さまに便利にご利用いただける環境を構築するとともに、より深いご相談ができるコンサルティングの場へと変革させてまいります。

  • ■全従業員が活躍するプロフェッショナル集団への変革

  常にお客さまへ「プラスアルファ」の付加価値を提供できるよう、多様なキャリア形成と、それぞれの行員に見合った能力開発や評価・報酬制度を確立するとともに、ダイバーシティの推進による活躍支援をすすめ、プロフェッショナルな「人財」の育成を図ってまいります。また、「働き方改革」では、従業員のワークライフバランスの促進とともに、ロボットによる業務自動化(RPA)の推進や、業務の見直しを行うことで、生産性向上に取り組んでまいります。

  • ■ローコストオペレーションと利益拡大

  お客さま目線の営業を重視しつつ、競争力を一層高めるために、「業務効率化」(BPR)を行い、ローコストオペレーションを推進してまいります。事務職から営業職への人員転換を進めるとともに、営業体制においてもエリア制を導入するなど、効率的な戦略の展開により利益の拡大につなげることで、当行の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指してまいります。

  こうした取り組みに加えて、「環境・社会・ガバナンス」(ESG)の充実と、国連が提唱する「持続可能な開発目標」(SDGs)を意識した経営の実践により、全てのステークホルダーの皆さまのご期待にお応えできるよう、京葉銀行グループの役職員一同全力を尽くしてまいりますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2018年4月

  • IR情報に関するお問い合わせ