文字サイズ

京葉銀行でんさいサービス

でんさいサービスを契約の方

でんさいサービス操作体験版はこちら

でんさいサービスログオン
でんさいサービス 操作体験版

京葉銀行でんさいサービスのご案内

「でんさい」とは、一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)が取扱う電子記録債権の通称です。 「でんさいネット」とは、当行をはじめとする全国の金融機関が参加する、電子記録債権を記録・流通させる新たな決済インフラです。

利用者は当行のホームページから「京葉銀行でんさいサービス」を利用して「でんさい」のお取引を行います。

京葉銀行でんさいサービスのご案内

「でんさい」の取引の流れ

でんさいの発生 取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「発生記録」を行い、でんさいが発生します。
でんさいの譲渡 取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「譲渡記録」を行い、でんさいを譲渡できます。
必要に応じて債権金額を分割して譲渡することもできます。
でんさいの決済 支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、仕入先企業の口座へ払込みが行われます。「でんさいネット」は支払が完了すると記録原簿に「支払等記録」を行い、これにより決済が完了します。(口座間送金決済といいます。)

主なお取引の内容について

発生記録(債務者請求方式) 支払人(債務者)が利用者番号や口座情報等で受取人(債権者)を指定し、取引金融機関を通じて「でんさい」を発生させるお取引です。約束手形の振り出しに相当します。
発生記録(債権者請求方式) 受取人(債権者)が支払人(債務者)に対し、取引金融機関を 通じて発生記録を行います。5営業日以内に支払人の承諾を得ることで成立します。
譲渡記録 「でんさい」の債権者(譲渡人)が、取引金融機関を通じてお取引先等(譲受人)に「でんさい」を譲渡するお取引です。手形の裏書譲渡に相当します。
分割(譲渡)記録 「でんさい」は必要な金額だけ、分割して譲渡を行うことができます。譲渡記録と手続きは同じですが、譲渡する債権金額を指定できます。
開示請求 発生または保有する「でんさい」の記録内容を照会するお取引です。
保証記録 発生済みの「でんさい」に第三者の保証を付けるお取引です。相手方(保証人)の承諾が必要となります。譲渡に随伴する保証は除きます。
変更記録 発生済みの「でんさい」に関して債権内容(金額や支払期日等)を変更するお取引です。支払人(債務者)からの変更記録は、受取人(債権者)の承諾が必要となります。ご住所や代表者等の届出事項の変更は除きます。
支払等記録(口座間送金決済以外) 口座間送金決済以外の方法で決済が行われた場合に支払内容を記録するお取引です。

当行のお取引店に、気軽にお問い合わせください。

  • インターネットバンキング ログオン
  • ログイン
  • 京葉銀行でんさいサービス
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 金融円滑化に向けた取組みについて