文字サイズ

アグリビジネス

農業ビジネス分野へのコンサルティングを通じ地域社会への貢献。

取り組みの概要

農地法の改正により制度の基本が「所有」から「利用」に再構築され、農地を賃借することで企業など農業法人以外の法人でも農業に本格参入するなど、農業のビジネスモデルは画期的に変化しています。

千葉県は温暖な気候と首都圏に位置するという立地条件により、農業算出額(平成27年)は全国第4位を誇っています。また、食の安全、新鮮でおいしい農産物への関心の高まりのなか「農業王国ちば」の確立のため、近年積極的な販売促進PR(ちばエコ農産物等)活動を展開、首都圏の重要な食料基地の役割を担っております。さらに、他業種からの農業参入や農商工連携事業に対する取り組みも増加しており、また、生産者が加工・販売まで手懸けるいわゆる6次産業化への取り組みも積極的に行われています。

こうした中、京葉銀行は地域金融機関として、地域経済の活性化及び農業者のニーズに積極的にお応えするため、ビジネスマッチングのほか、農地保有適格法人設立、農商工連携事業、6次産業化事業等の支援をおこなっております。

主なコンサルティングメニュー

  • 目的:農業ビジネス分野へのコンサルティングを通じ地域社会への貢献

以下のような事業者様の各ニーズを支援いたします。

(1) 各市町村との情報交換

各市町の農業分野での情報交換、意見交換を通して各地域の農産物ブランド品の立上げにも協力していきます。

(2) ビジネスマッチング

生産者側からの販売先ご紹介のニーズ。

加工・建設業者、流通、観光業者側から生産者へのご紹介ニーズ。

同業者様同士のご紹介ニーズ 。

第二地方銀行共催の食の商談会、地方創生「食の魅力」発見商談会に主催行として参加しています。

(3) 農地保有適格法人(旧農業生産法人)の設立支援

農業者同士(個人事業主の方々)が農地保有適格法人を設立し事業を拡大したい。(例:同業種の方)

農地保有適格法人を設立して野菜等の安定供給につなげていきたい。(例:加工・流通業種の方)

観光農園・体験農園開業のため新規に農地保有適格法人を設立したい 。

(4) 農業分野のM&Aの取り次ぎ

後継者がいないので会社を売却したい或いは事業を継承してくれる先を紹介してほしい。

新たに農業ビジネスに参入したいので売却先を紹介してほしい。

規模を拡大したいので同じ業種の事業先(売り先)を紹介してほしい。

(5) 農商工連携や6次産業化の推進と助成金のご紹介

地域資源(野菜・果物・お肉などの)を活用し、商業・工業分野の方と共同で新商品を開発したい ( 地域資源活用プログラム・農商工連携 )、または、農水産業者が自ら加工・販売まで手懸けたい(6次産業化)ので支援してほしい。

県や国の補助金について教えてほしい。

お客様ニーズへの支援事例のご紹介

I. ビジネスマッチング成約(生産者⇔物流業者のニーズ)の事例

サービス業を営む事業者が農産物直売所を開設するにあたり、千葉県内の特徴のある農水産加工品を紹介いたしました。

千産千消を勧める量販店に県内の農産物や特徴のある農水産加工品を紹介しました。

II. 農地保有適格法人設立したいというニーズの支援事例

平成28年度までに15社の農地保有適格法人の設立支援をいたしました。

専業農家である農業経営者が規模拡大と6次産業化を進めるため、農地保有適格法人の設立相談があり千葉県農業会議と連携し設立支援いたしました

III. M&Aについての取次ぎ事例

食品製造会社を訪問したところ社長より、後継者不在により事業廃止を したいという経営者の相談を受け、提携先のM&A事業会社を紹介しました。

IV. 農商工連携事業・6次産業化事業への支援事例

規格外生産野菜を加工して食材に活用したいというニーズ
食肉加工業者が、農業者の方が規格外生産野菜を廃棄している現状を捉え、「新鮮な野菜を廃棄せずに素材の有効活用(その素材を活かした新商品の開発)ができないか。また開発に伴う設備導入などの諸事項について補助金制度の活用ができないか。」などの相談を受け、サポート機関である千葉県産業振興センターを紹介、同センターと連携して「農商工連携事業」認定の支援をしました。

6次産業化事業認定への支援事例
大規模経営の落花生農家からペーストの商品開発に伴う相談があり、サポートセンターの紹介やミラサポの専門家派遣で法認定の支援をした他、千葉県産業振興センターの地域資源活用の専門家派遣で商品のブラッシュアップを支援し売れる商品づくりを支援しました。

セミナー・相談会・商談会情報

現在、開催予定はございません。

お問い合わせ

ご相談・セミナーについてのお問い合せ

成長戦略推進部 コンサルティング営業グループ
TEL 0120-551-210(フリーダイヤル)

受付時間/月〜金 9:00〜17:00(祝日および12月31日〜1月3日は除きます)
携帯電話からは043-204-5480(通話料有料)

くわしくは京葉銀行の窓口までお問い合わせください。

  • インターネットバンキング ログオン
  • ログイン
  • 京葉銀行でんさいサービス
  • 不正アクセスからしっかりガード nProtect:Netizen
  • フィッシング対策ソフト PhishWall
  • 金融円滑化に向けた取組みについて

株式会社 京葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第56号 加入協会:日本証券業協会